豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

冬山合宿・奈良田~間ノ岳・弘法小屋尾根~農鳥岳~奈良田

      2015/02/22

★山行名 【冬山合宿・奈良田~間ノ岳・弘法小屋尾根~農鳥岳~奈良田】
★年月日 【1998・12・27~31】
★メンバー【宮尾(33)、上田(41)、福地(26)】

<12/26>
当初、12/25の夜発であったが、上田の親戚で不幸があって葬儀に出席したた
め、1日遅らせて12/26の17時に宮尾宅に集合する。装備のチエックや用事を
済ませ17:50出発。東名(清水まで)R1,R52経由で富士川支流の早川沿い
に車を進める。22時には奈良田に到着、作業場の駐車場にテントを張りゆっくりと
眠りに就く。

<12/27>
6時起床 、晴れ。ゲートはロックされているので車を奈良田第1発電所手前、広河
内橋の空き地に置き、7:50、林道を歩き始める。
初日の重荷に喘ぎながら10:55、荒川出合いに着く。これより荒川の右岸に付
けられた電源開発の林道をひたすら進む。
荒川出合から1kmあまり進んだ所で荒川第2発電所のアーチダムを越えると同じ
右岸から初めて河原に降り立つ。(地形図で標高1,250m付近の広い所) 河原
が終わると再び右岸に付けられた巻道や桟道を行き、長いはしごで再び河原に下りる
と北沢と本谷(南沢)の出合いで吊り橋がある。
積雪が少なそうなので水を補給するが水筒の容量がちょっと少ない。北沢出合い着
12:55。吊り橋を渡り正面の尾根に付けら
れた立派な登山道を1,540mまで登ると尾根を南北に横断する三叉路に出る(こ
れが従来、池山沢出合いの北沢取水口から弘法小屋尾根を横断し熊の平に至る横断道
と思われる)。右へ10m余り行くと再び道が分かれ左を取るとすぐに県企業局北沢
宿舎に出る(14:30着)。
小屋の裏は薮が濃いので、最初の三叉路を左へ取ってやや下降気味に堺沢(芦安村
と早川町の境界)を1,500m付近で横断する(15:00)。再度水を補給し、
すぐ南の尾根に回り込む所で赤布を発見。薮も薄そうなので「ここだ」ということで
取り付くことにする。結局、堺沢のすぐ南のmジャンクションピークに合流する小尾
根を登ることにする。
1,660m付近の傾斜が比較的緩やかな尾根の南側の斜面でテントスペースを少
し切り開いて寝床とする(16:15着)。所々わずかに積雪があって水が取れた。
いい天気で非常に暖かい夜だった。持ち上げたすき焼きをたっぷり食べてシュラフに
潜る。

<12/28>
5時起床、7:15発。今日もいい天気。昨日の尾根をずっと上がっていく。所々
傾斜が強まる部分があるがさほどでもない。薮もほとんど無く、まずまず歩きやすい
尾根が続く。徐々に右にループし、積雪も増し2,000m付近からアイゼンを付け
る。11:10に2,385.7mのジャンクションに着く。この辺りの積雪は、く
るぶしからふくらはぎのラッセルで徐々にスピードが落ちる。
左には農鳥、西農鳥の山稜、正面には間ノ岳、右には北岳と展望がすばらしい。風
も弱く最高の天気だが、これより上はひざまでのラッセルで3人交替しながら進む。
体力のある宮尾が長くラッセルし、新人の福地はまだまだ心許ないが何とか頑張って
いる。
岳樺の中を2,700m手前にテントを張る。15:05着。 弘法小屋尾根、尾
無尾根と間ノ岳本峰の大展望、銀世界と月夜という絶好のテントサイトで、上気分で
夕げとする。

<12/29>
5:20起床。天気は相変わらず良いが夜中から風が出て行く手の細い稜線の通過
が気になる。8:10出発。この頃には風の止み間も出て収束の兆し。相変わらずの
ラッセルで9:00に2,821mピークに着く。次の2,935mピークとの中間
点の岩峰の通過がフリーでは厳しくアップザイレンする。(10:30)2,935m
ピークは11:15に通過。これより所々岩が出てきた。
細い雪稜歩きとなる。幸い風も弱まり、雪質も安定しておりザイルを張ることもな
く稜線伝いを慎重に通過する。天候が悪かったら結構長いザイルピッチになるところ
だった。福地も雪道に慣れ不安なく通過していく。聞いてみたら恐怖感半分、楽しさ
半分とのこと。
細い稜線が終了し、あとは岩稜と雪壁が立ちはだかる。 雪質もいいので例によっ
て、2本の岩稜の右側の雪壁を登ることにする。(雪壁手前1:00着)
大休止をして雪壁を一気に登る。バイルを初めて出して、ふくらはぎまでのラッセ
ルを宮尾が奮闘している。この雪質では安心感があり楽しい。ビーコン、スコップと
雪崩装備をしているが、雪崩の可能性は低い雪面だった。岩稜の脇を左にループしな
がら上がっていくと傾斜も緩まり締まった雪になる。頂上より少し右の稜線を出て2
:20、間ノ岳の頂上に立つ。直接3,189mの頂上に突き上げる尾根をトレース
でき、3人でがっちりと握手を交わす。
頂上は塩見岳から縦走してきたという単独行者が1人居るばかりで記念写真の
シャッタをお願いする。時折風はあるものの、上天気が続き下降する。今日は視界も
良く迷うことは無いが、道標と地図を確認し、広い頂稜を南東方向に下っていく。
農鳥岳と傾いたお日様を見ながら思い思いのペースで農鳥小屋へと下っていく。
途中3時に今回初めて東三河遭難対策協議会のメンバーとの無線交信を試みるが赤
石、聖方面と遠いので返信は無く、とりあえず一方的に交信して終わる。
15:55、農鳥小屋着。我々は風を避け、小屋より少し北方の夏のテントサイト
に張ることにする。食料もかなり残っているのでどんどん食べて満腹であった。夕方
にはガスになり、風も出て明日の悪天を知らせている。

<12/30>
4:30、起床。夜中は強風と降雪で何度か目が覚める。7:05、強風とガスの
中、出発する。気温はマイナス17度、気合が入る。新雪は縱走路上では問題は無い
が風下や大門沢での積雪が気がかりである。
発達したエビの尻尾やシュカブラの中をじわじわと進む。視界は20m程度、飛
ばされる程では無いが、体を風上に傾けながら進む。夏道が西にトラバースして尾根
を回り込む所で雪壁に行く手を阻まれる。数年前に三山を縦走した時は、極端に寡雪
だったため問題なかったが、例年並と思われる雪があって今日のように条件が悪いと
結構嫌らしい。
ザイルを出し、宮尾トップ、上田が確保して、1ピッチで抜けてザイルをフィック
スする。この後は夏道が大体出ており、西農鳥に9:20に着く。福地はこの状況に
ちょっと参ったしているようだったが、ゆっくりと先へ進む。
同じく農鳥小屋に張っていた単独行者と前後しながら歩く。エビの尻尾と強風、ホ
ワイトアウトで所々夏道を見つけにくいが何とか農鳥頂上に着く。
10:20着、マイナス15度、ガスの中、記念写真を撮る。 ここからが問題
だった。益々ガスが濃くなり、地図とコンパス、高度計を使いながら大門沢下降点へ
と進む。主稜線から東方へ斜めに向けての下降である。二重山稜的な地形があって地
形は複雑だが単独行の人を含め何とか下降点に着き、後続に向け下降点の鐘を鳴ら
す。
ここは風衝地で立っていられない程の強風なので大門沢側に少し下って休む。12
:00着。予定していたように、大門沢の下降は雪崩の危険を避けるために、夏道の
すぐ北側の小尾根を下る。最初は2,770mの尾根上の小ピークを目指す。小ピー
クには棒杭にブリキを巻いた目印があり、踏跡もある。
這松、岳樺と急な尾根をブッシュ伝いに下っていく。昨日の新雪が10cmあまり
積もっているので沢筋だと嫌だが尾根を下っている限り大丈夫そうである。2,60
0m付近で夏道も樹林の中に入ってきており、小休止する、13:30。 これより
ずっと夏道の樹林の中を下りる。
河原に出て、14:1。、2,200m付近で小休止。15:00、大門沢小屋に
到着。富士山が真正面に眺められる見晴らしのいい場所に立っている。奈良田へは3
時間あまりかかることから、宿を借りることにする。同宿者はいずれも下りの単独行
者1人、2人パーティーの3人と広々としていた。水は小屋横のホースから取れた。

<12/31>
5時起床、7時半出発。まもなく雪も消え、吊り橋を4つ渡り、10時40分奈良田
に着く。“温泉、ビール、ほうとう”で下りてきたが、公共施設や小さな温泉は正月
休みでなかなかありつけない。
奈良田の里は12/30~1/2が休み。奈良田の7不思議の湯は13時から。西
山温泉は入浴のみはダメ、ヘルシー中里(大滝温泉)、保川温泉、草塩温泉は休みと
きて、大きな下部温泉に行く。立派なホテルは入浴のみで1,500円でパス。温泉
会館も休みで一番奥のしろがねの湯、1,000円で手を打つ。駅前の食堂でほうと
うと馬刺しに満足し帰豊した。豊川着4時半。
-記・上田-

 - ピークハント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
南ア白根南嶺 青薙山

山行名【南ア白根南嶺 青薙山】 年月日【2007年1月13日~14日】 メンバー …

no image
唐沢岳幕岩

★山行名 【唐沢岳幕岩】 ★年月日 【98.8.1~8.2】 ★メンバー【宮尾, …

冬山合宿:戸隠山

★山行名 【冬山合宿:戸隠山】 ★年月日 【1999年12月26日~29日】 ★ …

南沢山~横川山

【日程】3/22 【メンバー】小野(L)・後藤・山形・森(文責) 皆様初めまして …

霧の雨乞岳

雨乞岳 2014年7月6日(日) メンバー 浅田、上田、白井、西村、白木ゆ、白木 …

【夏山】北八ヶ岳(蓼科山・大岳・北横岳)

【北八ヶ岳】2015.8.26(牧原) 【山行日】2015.8.21~8.23 …

no image
開田高原サイクリング

★行先 【開田高原サイクリング】 ★年月日 【2000年 11月 18日] ★メ …

no image
上松尾根より木曽駒ケ岳

★山行名 【上松尾根より木曽駒ケ岳】 ★年月日 【1999年12月11~12日】 …

no image
抜戸岳南尾根

★山行名 【抜戸岳南尾根】 ★年月日 【2001年 1月 4日~7日】 ★メンバ …

一年ぶりの富士山

富士山 2011年8月11日~12日 メンバー 浅田、Nさん 8/11  昨年高 …