豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

気象予報士会 山岳気象部会

      2015/02/26

<気象予報士仲間で西穂独標まで空見山行>
日本気象予報士会 山岳気象部会の企画で、西穂山荘支配人で山岳気象部会の部会長でもあるAさんのご招待で12人が集合。前の名古屋地方気象台長のKさんや、プロガイドで予報士のMさんなど、それぞれの分野の専門家の方のお話は
大変興味深く、また悪天に至る雲の変化をじっくりと観察することができた2日間となりました。
2014年7月12日  東海支部のIさん、Sさん、Oさんと尾張一宮駅前に集合し、車で新穂高へ。
第2ロープウェー駅から上がると天気も良く、笠ヶ岳の稜線が屏風のように広がる。
1_2014072023582727f.jpg
終点駅から西穂方面 左には小さく槍も望めた
2_201407202358290bb.jpg
終点駅付近のキヌガサソウ
3_20140720235830417.jpg
見上げるときれいな巻積雲
4_2014072023583165f.jpg
西穂山荘に到着。信州大学の気象測器を確認。
5.jpg
一杯会の前に山荘から10分程上の丸山までお散歩に出かける。
巻積雲(うろこ雲)、巻層雲など、悪天に向かう雲の変化を観察
7_20140720235929425.jpg
山荘の少し上の丸山から:三角がピラミッドピーク、その右 台形のピークが独標
8.jpg
前穂から明神への稜線
9.jpg
山荘の支配人で山岳気象部会 部会長のAさん、前名古屋地方気象台長のKさんなどを交えた楽しい気象談義
10.jpg
丸山で全員集合
a.jpg
巻積雲、巻層雲など様々な雲が重なり合って美しい
焼岳と遠景左は乗鞍岳
b.jpg
こちらは小屋の南にある国土交通省の気象測器
11.jpg
夕景 高層雲など低い雲が翌日の悪天を告げる:シルエット右は笠ヶ岳
12.jpg
夕食前に生ビールジョッキを片手に、天気図検討
台風8号でいったん東北地方まで押し上げられ消滅した梅雨前線に変わり、中国大陸から新たに梅雨前線が西日本に伸び、翌日は中部山岳でも雲が朝から低く垂れさがり午前中から小雨、昼前からは大気が不安定になり時折強い雨との予想。
下記の図面は7月11日15時初期値の雲断面図(日本気象予報士会オリジナルプログラムによる解析)  縦軸が気圧(高度)、横軸が時刻。濃い灰色が霧か雨の領域。750hPaが山荘の2500m付近。徐々に雲が下がってきて、11時ごろには雨の予報。
雲断面図
7月13日(日) 6:30出発で独標に出発
この時点では乗鞍は見えているが、3000m付近まで雲が垂れこめる。
13.jpg
徐々に雲底(うんてい)がもこもこと垂れこめる
14.jpg
15.jpg
筋のように雲が下に流れる(下降雲) こうなると雨も近い
16.jpg
8:40 乗鞍も雲に隠れる この後、間もなく小雨が降りだす
17.jpg
9:30 雨の中、西穂独標(2701m)に到着。
c.jpg
この後小雨の中、山荘に戻りコーヒーブレイク。山荘のラーメンでからだを温め、再会を約束してお開きとなる。  
ではまたみなさん、山で会いましょう!
記:上田歳彦

 - ピークハント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

雪山竜ヶ岳

  【山行名等】竜ヶ岳(吉本) 【2019年1月13日】 【メンバー】 …

【槍ヶ岳 春残雪期】15年5月2日~4日

日程:2015年5月2日~4日】 【メンバー:河合(L)、梅沢、後藤、吉中、森、 …

no image
硫黄尾根

★山行名 【硫黄尾根】 ★年月日 【2002年5月2日~5月5日】 ★メンバー【 …

積雪が増えてきました 雪崩には気を付けよう!

冬山本番です。雪崩には十分気を付けて雪山を楽しみたいものです。「気象予報士のお天 …

強風にびっくり!鈴鹿竜ヶ岳!

​【鈴鹿 竜ヶ岳】2017.1.23(岩井) 【年月日】2017年1月21日 【 …

新緑とアカヤシオの日本ヶ塚山

【日本ヶ塚山】2016.4.24.(浅田) 【年月日】2016年4月24日 【メ …

八ヶ岳

山行名【八ヶ岳】 年月日【2007年1月2日~4日】 メンバー【山本・梅沢・浅田 …

小川山クライミングと金峰山

【春山合宿白馬岳】2016.5.5(全員) 【年月日】2016.4.31~5.1 …

新人歓迎山行で南木曽岳へ

南木曽岳 2014年6月22日(日) メンバー 河合、小野、五嶋、西村、茂津目、 …

舟着山ハイク

4/24 東三河 舟着山 高橋ひ、ドナ  舟着山は新城市南部の豊川左岸に位置する …