豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

雪山ハイク 西穂高独標

   

【西穂高独標】記:直里
【年月日】2016年2月7日

【メンバー】L.浅田 中村 夏目 森 牧原 鈴木 岩井 直里

 

えぇ~、こんにちは。生まれた時は人並みの肌色だった者です。

ブログ担当は2回目となるわけですが、今回は頑張って長文いっちゃうよ。

早朝4時半に豊川某所を出発。まだ夜も明けず暗いのと、普段の生活のはない起床時間ってこともありメンバーのテンションも心なしか低いようだ。
目的地の新穂高ロープウェイ乗り場までは約5時間の道のり。遠いね。。。意識を保てる自身はないよね。(爆睡)
途中、恵那のSAにてトイレ休憩&買い物。
朝ご飯を持ってレジに並んでいると、嬉しそうにおでんを物色するチカちゃんを発見。
「へぇ~、行動食におでん? 新しいね」って声掛けといた。
その後は中央道、長野道と経由していき9時半に乗り場に到着です。
夏目さん、運転ご苦労様でした。おかげさまで私は元気です!!(スッキリ)

この混雑っぷり。多くみられた中国の方々は何目的で来たんだろうって思ってた。

今回は日帰りという事もありザックの中身も少なく軽い。詰め忘れがあるんじゃないか心配だよね~ってメンバーと話していると、
「私のザック重いんですよ~、何でですかね~?」ってチカちゃん。

おでんでしょ・・・?

実際計測したら10kg弱でした。みんなは5,6kgくらいだと思う。

ようやくロープウェイに乗り込み、壇蜜の声に似たアナウンスを聴きながら西穂高口駅に到着です。
24
早々に身支度を済ませ11時にやっとこ登山開始。
暖冬だっけ?と疑うくらい雪に覆われた世界がここにはありました。
積雪のおかげで岩の露出もなく真っ白な雪の上をザクザクと歩いて行ける。雪の感触が心地良い。
22

雲行きはパッとしないものの、たまに顔を出す青空が気分を高揚させる。

21

小1時間登ったところで大きな雪だるまに出迎えられ西穂高山荘に到着です。
18
ここで暫し昼食タイム。
19
この時点で12時を過ぎていたため、リミットを14時として独標を目指します。
山荘までの樹林帯とは違い風も強く気温も低くなる。
14
曇り止めをしたゴーグルも凍りつき視界はますます悪くなる。
前を歩く中村さんも全然見えない~ってフラフラしてるし。
13
30分ほど登ったところで丸山に到着
16
さぁ、ここからが核心部。楽しくなってきたよ~。
足を滑らしたら何処まで行ってしまうのかってスリルも堪んないね。
15
最後の急登の岩場は鎖もあったりなんかして尚更堪んない。
12
至福の登りも束の間、西穂高独標に到着です。
11

暫し休憩し下山開始。
上から見下ろすと登って来たとは思えないほどの急勾配に怯える一同。
後ろを歩くであろう森君に「一人では落ちないからね♡」って一応伝えといたよ。
浅田さんの指導の下、後ろ向きで慎重に慎重に下りていく。
スリリングだなぁ、楽しいな~。
全員無事に核心部を抜けたところでロープウェイの時間がやばいってことに気付く。
どうしても帰る必要のある人は先に下ってという浅田さんの言葉に各々の最速ペースで下山を開始。

め組の夏目さんがとにかく早い。次いで森君。
明日は仕事の自分と牧原君とチカちゃんも必死で追走すると思うでしょ?

ところがだわ!! エビの尻尾で遊びだすお二人さん。

いっただきま~す!!

いっただきま~す!!

ぎゃ~っ、食われる~っ!!

ぎゃ~っ、食われる~っ!!

君達ねぇ、何のために急いでいるか忘れちゃったの?
そんなんで乗り遅れたらねぇ、ボンっ!!だよ、ボンっ!!
たらこパンチ見舞わせて、唇なんかチョーさんになっちゃうんだから。

そんなこんなで山荘に到着したわけですが、最終便の時間まで余裕があることが判明。
ってことで本日のクライマックスはここからでした。

写真も交えてお楽しみください。

うぉっ!! 雪深ぁっ!! それっダ~イブっ!!9何だよこれっ?? 歩いてる場合じゃないぞっ!! 尻だ尻~っ!!
2
それ行けーっ!! ぎゃはははーっ!!
うらうらーっ、アイゼンキ~ック!!
7楽すぃ~!!
8

お、屋根に雪がこんもりだぞ!! 雪落とすから真下で待機っ!!
んっ、落ちねぇな。
6それ~、ぶっ壊せ~。ぎゃはははーっ!!

新しいな。。。ホシはこの先に逃げたようだな。

27

つい先日、愛犬2匹を雪で遊ばせた時の彼らのテンションを超えている一同。
犬超え、イェア!!

いつの間にやら青空も広がり、嘘みたいな展望がみえるようになる。
5
4
そんな景色をカメラに納めるご年配の登山者に、あの山って何ていう山ですかねぇ?って問う森ボーイ。
数分後、さっき何山って言ってましたっけと問う森ボーイ。

楽しい時間も終わりを告げ登山口に戻って来てしまったよ。

で、後ろを振り返ると…、
そっか。みんなコレを見にはるばる来てるのね。

メンバーでぱしゃり。
3

おしまい。

追記。 本日のMVP

何してんの?オネェみたい。

何してんの?オネェみたい。

この記事を書いた人

suguri
suguri
日サロ通いはしてません。肝機能も良好です。
健康的な黒いおっさんです。

じっとしてるのは苦手。ゆっくりするのは身体が動かなくなってからでいい。
面白いって思えることに片っ端から手をつけたい。

 - ピークハント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

明神山:登山講習会

【明神山:登山講習会】07.6.24(浅田) 年月日【2007年6月24日】 メ …

梅雨の晴れ間の御岳

御岳 2014年7月19日~20日 メンバー 浅田、牧、茂津目、Nさん この日は …

no image
奥穂高岳南稜

★山行名 【奥穂高岳南稜】 ★年月日 【2001年5月19~20日】 ★メンバー …

鳳来湖の絶景ポイントへ

上臈岩 2013年11月24日(日) メンバー 浅田、Nさん 紅葉山行第4弾とし …

no image
冬山山行・奥聖の滝沢遡行

★ 山行名【冬山山行・奥聖の滝沢遡行】 ★ 年月日【2002年12月27日~12 …

no image
南木曽岳(市民ハイク)

山行名【南木曽岳(市民ハイク)】 年月日【2005年10月2日】 メンバー【山本 …

坂本さん歓迎山行 御在所岳

【御在所岳】2016.4.2  遠山 【年月日】2016年4月2日 【メンバー】 …

ラッセル野伏ヶ岳

野伏ヶ岳 2015年1月31日(土) メンバー 小野  今回は雪の多い岐阜の野伏 …

豊川山岳会カナダ登山 詳細編

カナディアンロッキー(上田) 登山編 ★山行名 【豊川山岳会カナダ登山 詳細編】 …

読図山行 鈴鹿・銚子ケ口 解説編

【鈴鹿銚子ケ口】2017.02.25(高橋)【年月日】2017年02月25日【メ …