豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

沢登りが楽しすぎる。

   

【鈴鹿 ツメカリ谷】2015.7.12(後藤)
【年月日】2015年7月12日
【メンバー】高橋.小野.後藤

蒲郡集合(6:00)→林道手前駐車場着(7:40)→駐車場発(7:50)→入水(8:17)→発電所(8:52)→ピーク(13:30)→駐車場着(18:50)

移動距離17キロ

高橋名人と沢登り2回目の小野さん、私で鈴鹿の沢へ行ってきました。

道中の高速では三重県に近づくにつれてガスってきて、稜線は一切みえず大丈夫かなという感じでしたが、現地に着いてみたらなかなかのいい天気!!

ただ、上流まで車でいけるはずの林道がおととしくらいから封鎖されているようで林道の手前に車を停めることに。

駐車場にはすでに何台も車が止まっておりみんな準備しています。

わたしたちもパッキングして出発。

30分ほど林道を歩いたところで沢靴に履きかえ、川へ!!

冷たいけど気持ちいい~

DSCF5538

 

 

川にはたくさんの大きな石があってそれをよじ登ったり乗り越えてどんどん上流にすすんでいきます。

川の岩はつるんとしてるモノが多いので、普通のクライミングの様につかんで引くというよりは身体全体を使って突っ張ったり、手を返して押したりする動きが多いんだよと名人が教えてくれました。

確かに普段クライミングではあまり出てこないような動きが満載です。

 

しばらく進むと本日最初の泳ぎポイント!!

10mくらいの廊下(両サイドが壁なのでそう呼ぶそう)が登場します。

DSCF5555

 

ザックを前にして行くといいよと高橋名人に教えてもらっていざ出陣!!

ザブンと飛びこんだものの、まったく前に進まない。

どんなにかいてもバタ足しても進まない。

見た感じ流れのないおだやかな川なのにやはり上流からの流れがすごいのです。

DSCF5565

その次のポイントでは目指した着地点に着く前に流されて高橋名人が投げてくれたスリングを必死で掴み陸揚げされるという始末。

それでもいくつもの瀑流や岩を越えていくうちに自然と泳ぎも身体のうまいつかいかたもコツをつかんでくる。

習って慣れろですね。

途中(S字峡の滝の落ち口の)流れの強いところ(の渡渉)がありロープを名人に出してもらう。

強すぎて耐えきれないので名人にがっつりフォローしてもらってなんとか渡り切る。

膝くらいの水なのにこんなにも強い力なのかと驚愕する。

DSCF5821

DSCF5696

DSCF5668

 

DSCF5667

DSCF5684

DSCF5685

 

DSCF5663

 

DSCF5664

 

DSCF5754

DSCF5760

 

DSCF5717

 

ツメカリ谷(出合)で小休止。

そこからとにかくどんどん進む。

 

 

いくつもの滝を巻いたり越えたり。(ツメカリ谷の滝は全て直登)

廊下(釜)を泳ぎ。

滝の裏を通り抜け。

DSCF5766

DSCF5768

DSCF5770

どんどん川の上流へ。

DSCF5727

最後にふくらはぎがちぎれそうなほどの急登を登り切ってついに稜線へ!

はい!そしたらすぐに折り返し!

(尾根を乗越し白滝谷を下降。)

下りは滑らないように気をつけて慎重に。

泳ぎは流れに乗ってなので楽ちん。

でもだんだんと日が暮れて寒さに震えながらになります。

ひぐらしも鳴いていました。

沢靴はソールが薄いので足裏に石の感覚がダイレクトに伝わってきて川原(ゴーロ)を歩き続けるとかなりきます。

本流と合流したところ(白滝谷出合)で本日2度目の小休止。

しっかりとカロリーをチャージして残りを一気に下りきり、駐車場に戻ったのは18:50!!

なんと11時間も!!

おつかれさまでした!!

 

わたしにとって2回目の沢登り。

初めて行った本宮山の沢とはまた違って今回は泳ぎという要素が入ってきました。

もう何年も泳いでないけど大丈夫かな?と心配でしたが、ザックが浮き輪代わりとなり、焦ってバタバタしなければ沈んだりしないので泳ぎが苦手な人でも大丈夫そうです。

DSCF5832

そして何より一つの滝を越える毎にため息が出るほどの美しい景色が広がり、水の中を覗きこめば魚やオタマジャクシ、アカハライモリもたくさん!!

DSCF5714

こんなきれいな景色の中で遊べるなんて楽しすぎる!!と何回も思わずにはいられませんでした。

でも顔が水に何回も濡れるので日焼け止め塗りなおした方がいいかな?というのもチラチラ頭によぎりました。

かなり長時間の山行で身体はボロボロですが、心はなんだかすごく元気です。

 

DSCF5837

<追記>

両名共2回目の沢登りで長時間行動お疲れ様でした。

神崎川本流での長いゴーロ歩き(おっきな岩がゴロゴロしたところ)

廊下帯や釜での水泳

急流の渡渉

下降時の激流滑り(?)

などなど色々体験出来てよかったと思います。

でも多分S字峡の滝の落ち口の渡渉で一番びびっていたのは私でしょう。

以下覚書として

ツメカリ谷へはR421→林道→風越谷の登山道→瀬戸峠→神崎川本流→ツメカリ谷出合

が最短。ただし本流の楽しい部分は割愛されてしまう。

朝明渓谷から山越えしてもしかり。

<追記>及び本文への加筆・訂正:高橋

 - 沢登

Comment

  1. 白井 白井 より:

    すごく楽しそうですね~。でも寒そう。自分も寒がりだから夏でも沢に体を濡らすと冷えて体力奪われる。

  2. (4) より:

    白井さん☆
    下山の時は歩いて体温を奪われない方をとるか、水の浮力で身体の負担減をとるかの究極の二択でしたよ~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

白山・大白水谷沢登

渓陵会のI原さんよりお誘いがあり、土日で白山の大白水谷へ沢登に行ってきました し …

沢登り@赤木沢 2014/09/14-15

2014年9月13日(土)夜~15日(月) メンバー:上田、白井、塩川(記) < …

大人の水遊び♪鈴鹿赤坂谷!

【鈴鹿 赤坂谷】2016.7.10(岩井) 【年月日】2016年7月10日 【メ …

天竜川ハンガレ沢

【北遠 天竜川ハンガレ沢】17.8.19(高橋) 【2017年8月19日】 【メ …

no image
易老沢~信濃俣河内

【易老沢~信濃俣河内(前半)】07.8.11(田中) 年月日【2007年8月11 …

鈴鹿宇賀渓砂山周辺の沢

【鈴鹿・宇賀川砂山周辺の沢】2016.6.12(高橋ひ) 【年月日】2016年6 …

沢登り源流釣り(竹の沢、杉沢、大井沢)

★山行名 【沢登り源流釣り(竹の沢、杉沢、大井沢)】 ★年月日 【1999年8月 …

no image
鈴鹿鎌ケ岳南面 内部川中ノ谷北中ノ谷:東三河遭難対策協議会 沢登り

★山行名 【鈴鹿鎌ケ岳南面 内部川中ノ谷北中ノ谷:東三河遭難対 策協議会 沢登り …

no image
鈴鹿小岐須渓谷

【鈴鹿小岐須渓谷】09.8.23(田中) 年月日【2009年8月23日】 メンバ …

鈴鹿 藤川谷

【鈴鹿 淀川水系愛知川支流藤川谷】2015.8.22 (高橋) 【年月日】201 …