豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

雪崩事故で思い出すこと:遭難事例

   

那須岳での訓練中の雪崩事故(2017/3/27)、痛ましい限りです。

高校体育連盟の責任者が、今回「雪崩は絶対安全だと思っていた」というのは、雪崩の知識が乏しいのか慢心か、穿った見方をすれば安全だと思っていて想定外だったと言いたいのか、いずれにしても残念です。

雪崩事故には山岳会に入ってから特に記憶に刻むようにしています。

二つほど事例を挙げます。その前に雪崩学習のテキストの紹介です。

①「雪崩リスク軽減の手引き」 NPO法人 日本雪崩ネットワーク

http://www.nadare.jp/library/product01/ 基礎的な知識、考え方の確認に良いです

②山岳雪崩大全 山と渓谷社  雪崩事故の実例、雪崩発生地点地図が役に立ちます

http://www.yamakei.co.jp/products/2811140170.html

1)1982/3/21 八ヶ岳 阿弥陀岳中岳沢での大量遭難(14名パーティ中12名死亡) 上の図と表の⑯ 参照

私はこの同年3月1日に長期出張から豊川に帰任し、早速豊川山岳会に入会。奥三河でのトレーニングを経て早速同月の三連休に八ヶ岳に入山し行者小屋でテント泊。入山日は昇温してみぞれ模様で、先輩二人(鈴木、波多野)は赤岳主稜へ、先輩(井上)と新人の私は中岳沢経由で阿弥陀岳の往復。ガスの中無事登頂したが、登下降では雪は重く、雪の塊がころころと斜面を下っていく状態。後に知ったがこれも雪崩発生リスクの高い1つの兆候。

翌朝は雨、停滞して朝から一杯やっていたら阿弥陀方面で雪崩発生したとの知らせ。サポートの依頼は無かったが、タオルがあれば出してくれとの依頼。翌日、遺体を包んだシートとソリをいくつも見て、遭難の悲惨さ、リーダーの判断の重要性を胸に刻んだ。以降、何度か阿弥陀岳から下山しているが、リスクが高い状況では中山から尾根上を行者小屋に下るようにしている。

http://www.yamanobori.jp/noteOfBlog?id=201501040018&category=%E9%81%AD%E9%9B%A3%E5%AF%BE%E7%AD%96

2)1996/1/15  赤岳鉱泉~行者小屋間の中山乗越の「樹林帯」の雪崩 上の図の⑨

1月としては異常な昇温(長野県原村で13時に12.5℃)による雪崩。 以下、アメダスデータ

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/hourly_a1.php?prec_no=48&block_no=0414&year=1996&month=1&day=15&view=

同日、山岳会では愛知県民の森で読図講習会で入山していたが、初夏のような温かさで、豊橋の最低気温10.2℃ 最高気温 16.5℃とある。

3)1998/1/11 横岳日ノ岳ルンゼ  ビーコン操作で救出できた貴重な事例:岳人の記事が下記にあります  上の地図⑦

http://www.yamanobori.jp/noteOfBlog?id=201501010021

基本に立ち返って、「絶対安全」など無い雪山のリスクを軽減して楽しみましょう! 注意点を箇条書きします。

1)雪崩地形

a)斜面:発生区は斜度30~45度が多い 走路はこれよりもゆるい場合も多い      樹林帯の中でも樹木が少ない斜面は走路となる可能性

b)谷状の地形 流れた雪が集まりやすい

2)不安定な積雪

降雪中や直後の結合力の弱い上層の雪(乾雪、湿雪)

⇔入山前1週間位の気象状況で危険度をある程度推定できる

積雪内部の弱層の存在(降雪後の気象条件により発生、持続

⇔現場の雪質判断が必要、同じ山でも気温、日射や風により場所で千変万化

⇒知識、経験が必要⇒不確実性大

 一般的に「強い」「急な」気象状況は積雪を不安定にし、弱層を破壊し雪崩を発生させる

  ・短時間大量降雪(24H30cm以上、1H  2cm以上)

  ・急な温度上昇、 降雨、

  ・長時間の強風(風で積雪が移動)  

下記の気象ブログも参照ください http://toyokawa-ac.jp/weather/blog/weather-7605

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ニンニン♪渋川本流遡行

【鈴鹿・愛知川支流渋川】2016.7.23(高橋ひ) 【年月日】2016年7月2 …

no image
秋の夜長に…

夜間登山。 よく夜間登山は危ないっていうけど何が危ないんでしょーか? 即答出来ま …

no image
槍ヶ岳

【槍ヶ岳】09.5.2(高橋) 年月日【2009年5月2日~4日】 メンバー【河 …

猿投山読図講習会(本番)

  【山行名等】17.5.20(河合) 【2017年5月20日】 【メ …

塩見岳 蝙蝠尾根

★ 山行名 【塩見岳 蝙蝠尾根】 ★ 年月日 【2001年12月29日~2002 …

no image
南アルプス 甲斐駒ケ岳(尾白川流域林道沿い・刃渡り沢(V)、岩間ルンゼ(VI-)、平田ルンゼ(IV+)、ガンガノ沢(V))

★ 山行名【南アルプス 甲斐駒ケ岳(尾白川流域林道沿い・刃渡り沢(V)、岩間ルン …

賑やかな新年会

新年会 2014年1月19日 メンバー 山本、彦坂、伊藤、梅沢、波多野、上田、河 …

読図講習会 平成26年5月18日(日) 

平成26年5月18日(日) 大高緑地公園 メンバー: 河合講師・荒木・西村・小野 …

no image
南ア 聖岳

山行名【南ア 聖岳】 年月日【2007年3月17~18日】 メンバー【田中】 ル …

沢登り@赤木沢 2014/09/14-15

2014年9月13日(土)夜~15日(月) メンバー:上田、白井、塩川(記) < …