豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

サイエンスカフェ 「雪崩から身を守るために」

      2015/02/26

サイエンスカフェ 「雪崩から身を守るために」
0.jpg
去る2月1日、 (社)日本気象学会中部支部、(社)日本気象予報士会東海支部 の共催で「雪崩から身を守るために」というタイトルでサイエンスカフェが開かれました。遅くなりましたが、説明スライドを中心に報告します。
サイエンスカフェはその道の専門家とテーマに興味がある市民のみなさんが、同じフロアーでフランクに意見交換ができる場として、予報士会でも気象サイエンスカフェを開催し、今回が6回目になります。
テ-マ:「雪崩から身を守るために」
スピ-カ-:西村浩一教授 
所属:名古屋大学大学院環境学研究科
会場は名古屋地方気象台の職員の方々若干名、予報士会の方々を中心に、山岳団体の方々にも参加頂き、約40名の参加で賑やかに開催されました。
当日のスライドの掲載を西村先生にご了承頂きましたので、スライドを中心にカフェの内容を振り返ります。メカニズム解析や研究のための人工雪崩実験のスライドは省略させて頂き、雪崩のメカニズムの基礎、積雪の変態と弱層の形成、雪崩の速度と到達距離と衝撃、府県ごとの雪崩注意報の発令基準、雪崩発生リスク指数のシミュレーション、雪崩に対する防御など、登山者やスキーヤーに役立つ情報を掲載します。
①雪崩が起こるわけ
①
②雪崩の「発生」地点:斜面が20度~60度で発生することが多い
②
③雪庇上では雪の層が縦になっており、崩落しやすい
③
④積雪は層になっている:密度や安定度が異なり、時間の経過とともに変化する
④
⑤積もった直後から気象状況(気温、湿度、風、日射)で変化する
 ⇒締まり雪で安定することも多いが、積雪後に弱層に変化することもある(しもざらめ雪、こしもざらめ雪など)
⑤
⑥弱層の種類:メカニズムの基本を知ろう
⑥
⑦面発生表層雪崩の発生要因(間接要因):直接要因は支持力を上回る衝撃
⑦
⑧積雪内部の拡大模型:再結晶したクラストと弱い弱層
⑧
⑨雪崩の速度と到達距離
⑨
⑩雪崩の種類ごとの「雪崩た雪の体積」VS「発生点~堆積域の平均斜度」
 ⇒全層雪崩はある程度の急斜面で発生(もしくは到達距離は比較的短い)が乾雪表層雪崩は緩斜面でも発生(もしくは到達距離が長い)
⑩
⑪雪崩の運動形態:表層雪崩はほとんどが混合型
⑪
⑫雪崩注意報発令基準:県ごとに基準が異なる
⑫
⑬積雪変質モデルから発生可能性を予測する
⑬
⑭雪崩注意報のシミュレーションプロセス(SI:積雪安定指数)
⑭
⑮過去の雪崩観測・雪崩実験
⑮
⑯雪崩の衝撃:「流れ層」では太い木をなぎ倒し、コンクリート構造物を動かす(破壊する)衝撃がある
⑯
⑰今後の雪崩防災の課題
⑰
⑱雪崩の中で泳げるか?:「水」程度の粘性がある。雪の密度高いほど粘性も高い。
⑱
⑲アバランチバルーンで浮き上がり効果を狙う
⑲
◆西村先生のご紹介
① 主な研究
・雪崩の内部構造と流動機構の解明Ⅰ-雪崩観測-
・雪崩の内部構造と流動機構の解明Ⅱ-スキージャンプ台を利用した雪崩実験-
・雪崩の運動モデルの開発、雪崩発生予測手法の開発
・ブータン・ヒマラヤにおける氷河湖決壊洪水に関する研究
②【著書、総説、解説等】主なもの
・雪崩と風、風の事典、(丸善出版株式会社)、2011.
・雪崩発生予測とダイナミクス、混相流、Vol.22、No.4、348-356、2008.
・積雪面とLES、(共著:根本征樹、気象研究ノート(ラージ・エディ・シミュレーションの気象への応用と検証)、第219号、55-66、日本気象学会、2008)
・雪氷物理(雪とその特性)、雪による障害発生とその機構、雪崩、除雪・防雪ハンドブック((社)雪センター編、森北出版)、2004.
・雪崩の運動機構、吹雪の発生機構、雪と氷の事典(高橋修平他編、朝倉書店)、2005.など多数。
◆参考情報
雪崩の基礎や雪崩発生の調査情報、警戒情報など満載です。積雪期の入山前にチェックください。
西村先生も交流を持って見えるとのことでした。
NPO法人 日本雪崩ネットワーク
http://nadare.jp/
  ・雪崩の基礎、雪崩の種類
http://nadare.jp/knowledge/
<感想>
雪崩のリスクは積雪斜面により千変万化で確実な予測は困難ですが、大量降雪直後や沢筋などの雪崩収束斜面の立ち入りなどの危険を十分認識して、安全度を確保して行動したいものです。
気象予報士:上田

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
青笹山(静岡県)

★山行名 【青笹山(静岡県)】 ★年月日 【1998年4月27日】 ★メンバー【 …

no image
小太郎山 扇沢遡行

★山行名 【小太郎山 扇沢遡行】 ★年月日 【2000年 7月 29 日~30日 …

no image
北海道・利尻岳

★山行名 【北海道・利尻岳】 ★年月日 【1998・8・8~8・16】 ★メンバ …

藤原岳下見山行

市民登山の下見で藤原岳へ行ってきました。 メンバーは、山本、浅田、白木、鷲見(他 …

豊川山岳会カナダ登山 詳細編

カナディアンロッキー(上田) 登山編 ★山行名 【豊川山岳会カナダ登山 詳細編】 …

恵那山冬山合宿

恵那山冬山合宿  2010 1/2~3 当初は、北アルプス唐松岳を予定していたが …

5月の風と新緑と芝桜

茶臼山~岩古谷山  15 5月24日 メンバー 浅田、森、茂津目親子 茶臼山の芝 …

半年記念 富士五湖湖畔毛無山・十二ケ岳

山行日:11.02.26 メンバー:高橋ひ、ドナ 結婚半年記念ということで雪の富 …

紅葉の沢上谷

【高原川沢上谷】2016.11.8(吉中) 【年月日】2016年11月6日 【メ …

気象予報士会 山岳気象部会

<気象予報士仲間で西穂独標まで空見山行> 日本気象予報士会 山岳気象部会の企画で …