豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

12/14 岡崎山岳会で冬山気象講習会を行いました:資料を掲載します

   

西高東低の冬型の気圧配置がいつまで続くか、その見極めが登頂の可能性を高め、命を守ることにつながります。冬山の気象の基礎、特徴を今一度確認してみましょう。

◆山の天気のおさらい http://toyokawa-ac.jp/weather/blog/weather-11324

PDF資料はこちら

web%e2%91%a1

◆冬山の気象の基礎と情報活用 http://toyokawa-ac.jp/weather/blog/weather-11335

PDF資料はこちらから

web%e2%91%a2

web%e2%91%a3web%e2%91%a4web%e2%91%a5web%e2%91%a6 web%e2%91%a7 web%e2%91%a8 web%e2%91%a9

この記事を書いた人

上田 歳彦
愛知県山岳連盟 豊川山岳会事務局
山岳上級指導員 気象予報士
NPO法人 ウェザーフロンティア東海会員

 - 気象

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

周期的にお天気が変わって、今週末は冬の使者第2段です

今週末は冬型です。下記の気象ブログに投稿しました。 http://toyokaw …

南岸低気圧の発達で大荒れの天気  -南アルプス、八ヶ岳など太平洋側の山岳でもかなりの積雪-

気象ブログに新着情報を投稿しました。 http://toyokawa-ac.jp …