豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

読図コーナー

①読図技術、②バーチャル登山、③過去の遭難事例、④過去の読図講習会内容、⑤その他プチ情報、初心者向けの説明で構成されています。

 

愛知県山岳連盟主催の読図講習会を開催しました

 

私は、講師で参加。

「コンパスの使い方」編

日時:平成30年5月19日(土)

場所:愛知県大高緑地公園

内容は、愛知県山岳連盟のHPをご覧ください → こちら

(コンパスの使い方に特化した内容です。オリエンテーリングの地図を利用し、たった4時間の講習でコンパスの使い方が分かるようになります。コンパスを持っているけど使い方を知らない方、ぜひ、ご参加ください。)

国土地理院発行の地形図マスター編

日時:平成30年6月2日(土)

場所:愛知県豊田市猿投山

内容は、愛知県山岳連盟のHPをご覧ください → こちら

(国土地理院の地形図は、作図者の思いのこもった2次元の地図。これを3次元の立体的にイメージが膨らむよう受講される方に解説いたします。ぜひ、ご参加ください。)

 

更新状況

 各項目をご覧ください。

 

なぜ、地図を見ないか?

読図で大切なことは「地図が分かるかどうかではなく、地図を見るか見ないか」です。 「地図とコンパスを持たないで山を歩く方」と「地図を持っていても見ない方」は変わりありません。

なぜ、地図を見ないか?
それは、地図を見てもわからないから。 そういう方のために、また、より地図マニアになりたい方のために 情報を載せていきたいと思います。 現在の山行はネットでの情報や、スマフォGPSアプリ、 指導標が整備されており、山行中に地図を見る事が少ない現状もあります。 こういった背景もあり、遭難の原因に道迷いが多い事について、 どうしたら少なくなるのか? また、地図に興味をもっていただけるのだろうか?と思っています。

遭難を防止するために、スマホをお持ちの方は、ぜひ、地図アプリ(「ジオグラフィカ」がお勧めです。)をインストールして、現在位置確認をスマホで確認されることを推奨します。地図の見方やナビゲーション技術を提案するHPですが、すべての方が地図アプリをインストールし、活用されれば遭難が減少すると思っています。

また、読者のみなさんの地域で地図の勉強をしたいんだけど、やり方がわからない? とか、読図の疑問とかありましたら、下記フォームより河合芳尚宛てにご連絡ください。
このHPを見られて、読図に興味を持ち、遭難が減少することを願い、 みなさんの今後の山行に生かしていただければ幸いです。

河合芳尚(かわいよしひさ)
立山国立登山研修所講師
C級指導員
■読図等に関するお問い合わせ■

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

[child_pages]