豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

冬の蓼科山

   

【蓼科山】2017.1.23(浅田)

【山行日】2017.1.22
【メンバー】浅田、中村、西村

一昨年に蓼科山へ登って時、山頂はガスガスで展望はゼロであった。中村さんと天気が良い時に再訪しようと話した。今回360度の大展望を期待して、東京在住の西村さんも誘い、なんとなく気が合う凸凹コンビと、準高齢者1名の3名で雪の蓼科山へ行って来た。

今回も残念ながら展望は殆ど無く、北横岳がかすかに見える程度であった 豊川を早朝6時に出発しすずらん峠の駐車場へ着いたのは10時少し前であった。駐車場が満車かと思ったが、よく見ると奥の方に2台のスペースがあり安堵した。待つこと約30分で西村さんが到着する。

早速身支度をして出発する。

雪を被った熊笹の中に付けられたトレースを10分程進むと登山口に着く。

ここから山頂まで3段階の急登が始まる。アイゼンを着けて1900m付近までの第一段目を登り出す。雪は降っていないが今にも落ちてきそうな空模様である。

一段目を登りきった平な所で小休止をする。毛無山の方が急登かなと話しながら二段目を登り出す。

時々青空が見え西村さん、中村さんは山頂晴れるよと話しているが、これは束の間の青空ですと二人に言う。12時を回ったので昼食タイムでパワーを注入する。

2113mのピークから一旦下り2156mのピークを辿り、いよいよ三段目の急登が始まる。

無雪期であれば岩がゴロゴロしているが、今は全て雪の下で登り安い。登るにつれて樹林がなくなり強風を感じるようになってきた。

露岩が多くなり鎖場も出てくる中、赤いポールを目印に進むと頂上ヒュッテが目に入る。強風の中14時少し前に山頂に着く。3人で握手をし、写真を撮り早々に山頂を後にする。

アイゼンを引っ掛けないよう慎重に露岩帯を下り、樹林帯に入り一息つく。

「こんなに急な所を登ったの」と中村さんが言いながらどんどん下り16時に駐車場へ降り立った。あれだけあった車は我々の2台だけであった。

山での再会を約束して西村さんと別れ帰途に着く。

飯田辺りから雪が降り出し、治部坂峠は吹雪模様であった。

 

記 浅田

 

 

この記事を書いた人

toshioasada
toshioasada
「危険は回避し困難は克服する」をモットーに多くの山仲間と楽しい山登りをしています。

 - ピークハント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

読図講習会in大高緑地公園

【愛知山岳連盟読図講習会】2016.11.13(河合) 【年月日】2016年11 …

雪山竜ヶ岳

  【山行名等】竜ヶ岳(吉本) 【2019年1月13日】 【メンバー】 …

花の甲斐駒・仙丈ヶ岳

【甲斐駒ケ岳&仙丈ヶ岳】18.7.20(二橋) 【2018年7月20日~ …

藤原岳

【藤原岳】21.3.20(遠山) 【2021年3月20日】 【メンバー】浅田、二 …

赤石岳&聖岳~夏道トラバースと時々バリエーション~

【赤石岳~聖岳】2016.5.30(森) 【年月日】2016年4月29日~5月3 …

春山トレーニング第4弾

【山行の場所】尉ケ峰~風越峠~富幕山15.4.19(吉中) 【西暦2015年4月 …

富士山

2011.06.04 富士山 メンバー:高橋ひ ちょっと時間が出来たので富士山に …

明神平最高!

【明神平~池木屋山】19.6.2(河合) 【2019年6月2日~3日】 【メンバ …

no image
小川山

★山行名 【小川山】 ★年月日 【2001年9月8日~9月9日】 ★メンバー【白 …

気象予報士会 トレッキング例会

気象予報士会のトレッキング例会で西穂山荘~焼岳へ 2013年10月5日~6日 メ …