豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

双六谷、弓折岳滑降

      2015/02/23

★山行名 【双六谷、弓折岳滑降】
★年月日 【2001年4月14日~15日】
★メンバー【鷲見、中村(関西岳人クラブ)】

当初の予定では、双六岳に登り双六谷を滑り、大のま乗越を超えて、穴毛谷を滑る
予定であった。天気は晴れ、もしくは曇りの予定であった。

4/14
新穂高の荒神の湯で落ち合い、林道に車をすて、道路を1Kmも歩かないうちに林道
は雪で埋まっている。
左側の穴毛谷は堰堤が瓦礫で埋まっているが、雪の量は少ない。去年が異常に多か
ったのだろう。
去年の雪崩で埋まった2人はでてきたのだろうか。
スキーにシールをつけ登り始めるが、ワサビ平とワサビ平小屋の間に100m幅ぐらい
のデブリで、こいつは難なく超えたが、また、30分
ぐらい林道をつめると、こんどは300m幅ぐらいのでぶり、よくもまあこんなにでぶ
ったもんだとあきれてしまう。
あまりのでこぼこで、高低差がありすぎて、シールではこなしにくく、転倒し、シ
ールまではがれてしまう。
デブリを超えたあたりから、左になだらかな斜面が弓折岳、双六岳に伸び上がって
いてシールで登行を開始する。
左斜面に所々小さなデブリが発生しているが、滑降にはもってこいの斜面が続き
、鏡平へは、1800mぐらいの所を右上してゆく。
そろそろ天気があやしくなってきて、雪がぱらつきはじめ、風が強くなってくる。
双六の小屋まで行く予定だったが、吹雪っぽくなってきたので3時過ぎに鏡平に到
着し、ツェルトの設営を行う。
今晩は、餃子にマーボー豆腐。ビールを飲みながらゆっくりくつろぎ、ラジオを聞
くが、日本海側を低気圧が通過し、前線が通ったようだ。
明日は快晴であろう。8時前には就寝。
夜1時に目がさめ、外に出るが、もうすでに快晴。半月が南岳の上に出始め、その
右手にさそり座が立ち上がっている。
春の大曲線と夏の第三角形が競演していて、なんかうれしくなってしまう。

4/15
快晴!
槍はやっぱりかっこいい。
8時過ぎには出発し、弓折岳の頂上へ。2600mぐらいか。
双六までは2時間ぐらいかかるので、予定を変更し、まずは弓折岳から双六谷へ空荷
で380m滑降する。
気温が低くまた、新雪が降ったのでいい雪質であるが、先週の大のま谷、先先週の
御岳であまりの雪質の悪さに慣れているので、
腰が引け気味で、へたっぴい。中村氏はとってもきれいなシュプールを描いていく

あっという間に下まで降り、380mの登り返し。1時間ほどである。
そして、弓折岳の斜面を荷物を背負って滑降するが、快適な滑りができる。雪質が
よく、荷物を背負っていても関係ない。
交代で滑降の写真を撮り、でかいデブリのところへ、1000mの標高差を、30分程で
到着。
2時には車のところへ到着していた。
―記:鷲見―

 - ピークハント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
北海道:利尻、礼文の旅(山屋のかみさんから見た山旅紀行)

今回の旅行は1月前に「お盆休みは、北海道へ行こう」と予定をたてました。が当 然の …

雪山竜ヶ岳

  【山行名等】竜ヶ岳(吉本) 【2019年1月13日】 【メンバー】 …

no image
戸台川流域アイスクライミング

【戸台川流域】19.1.5(山形) 【2019年1月5日~6日】 【メンバー】山 …

山菜天ぷら山行の明神山

  【天ぷら山行明神山】18.4.8(中村尚) 【2018.4.8】 …

雪が無かった大川入山(*_*;

【大川入山】19.3.24(上田) 【2019年 3月24日】 【メンバー】上田 …

雲の中の御池岳

ちょっと遅くなりましたが鈴鹿の御池岳の報告です 17日(日)【メンバー】上田、白 …

◆日本アルプス最南の聖なる山“聖岳”◆

【聖岳】19.01.16(古賀) 【2019年1月12日~13日】 【メンバー】 …

(雨の)御在所岳

【山行の場所】日時(15)7月 4日(茂津目) 【2015年 7月 4日】 【メ …

no image
聖岳

★山行名 【聖岳】 ★年月日 【1998年11月1~2日】 ★メンバー【鷲見・他 …

憧れ黒部源流の赤木沢へ

【北ア・赤木沢】19・9・1 (河野) 【12019年8月16日〜18日】 【メ …