豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

御在所 前尾根

   

【御在所 前尾根】2016.11.13(牧原)
【年月日】2016年11月13日
【メンバー】白木、牧原

白木さんとは初めての山行。
御在所の裏道登山道から1時間半で前尾根の取り付きに入る(AM9:15)。
紅葉シーズン、また前尾根を登れるシーズンも終わりつつあるということで、P7には多くのクライマーがいた。ざっと20人くらい。5パーティーくらいはいたのではないか。

順番待ち。ここから苦悩の時間をすごす

順番待ち。ここから苦悩の時間をすごす

「P7は前尾根の核心だし、登ると本当に面白いから!」という白木さんのおすすめで待つことに。まさか待つことが一番の核心となるとは。

待ちのパーティーは3人1組が多く、P7での待機ばかり長くなる。P7はちょうど日陰で寒い。2人ともミシンを縫うようにガタガタブルブル。やっと自分たちの番となったと思ったのだが・・・、前の女性が取り付きのクラックで苦しんでいる。常連さん?のアドバイスやエイドクライミングを試すも、惜しくも抜けることができずに捲いて迂回することに。

結果、私たちが登り始めたのはなんとAM11:00。身体の芯から冷え切ってしまった。

しかしP7は白木さんの言うとおり非常に楽しいルートだった。最初はクラックを登り、そのあとは高度感のあるフェイスを登る。待った甲斐があった。

P7 クラックからフェイスへ

P7 クラックからフェイスへ

花崗岩の凹凸がクライミングシューズに摩擦をかける。自分の思った以上に斜面に立てる。
楽しい。(ところどころアイゼントレーニングのせいか、前爪の形に削れてツルツルしているところもある)

展望がいい。岩尾根にいる白木さん。

展望がいい。岩尾根にいる白木さん。

残りのピッチではところどころトップを経験させてもらった。
トップには若干の抵抗があったが、いざやってみると楽しい。
もちろんフォローの安心感のあるクライミングにまだ浸かっていたい、気持ちもあるが
ロープの掛け方、裁き方、ルートの見つけ方、より冒険的な気持ちになる。

日が暮れ始めている。

日が暮れ始める。

特に印象に残ったのはヤグラのコルまでの最終ピッチ。途中にクラックがあるのだが、
足が非常に効いて、「ああ、クラックやってる、割れ目しかないのに登れている~」という
よく分からない、整理できないけど楽しい。楽しい。

白木さんにはカムの使い方、セルフの取るときの注意点など
普通のクライミングでは教えていただかないところを教えていただいて感謝しております。
また、クライミングは2ヶ月ぶりくらいといっていたが、ブランクを感じない安心感のあるクライミングで、P7,P6はトップをしていただいた。
なにより楽しい時間を共有できてよかったです。

ヤグラまでいったが、PM4:00をまわっていたので、次回の宿題としてヤグラは登らず下山した。
御在所は天気がよければ、快適な登山ができそうだが、日陰となる場所や日が暮れると非常に寒さを感じた。

シーズン最後に前尾根を経験できたことは冬に向けても、今後の山行にもつながるような一日であった。

(記:牧原)

 

この記事を書いた人

makihara

 - ピークハント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

真富士山(1401m)

安倍川左岸 真富士山(1401m)へ 会社のトレッキング同好会のSさんから誘って …

〈登り初め〉初バリエーション阿弥陀岳南稜

【阿弥陀岳・南稜】2016.1.5(夏目) 【年月日】2016年1月4日~5日 …

山に浸った北海道山行(日高、大雪)

【北海道:日高山脈 幌尻岳、大雪山 旭岳~トムラウシ山】2017.7.30(上田 …

田原アルプス(衣笠山~滝頭山~藤尾山)

周遊田原アルプス 2015年2月21日 メンバー 浅田、牧、茂津目、唐沢 9:0 …

届かなかった熊伏山

熊伏山 2012年2月5日(日) メンバー 山本、浅田、Nさん 雪山ハイクのつも …

豊川山岳会45周年

山行名【豊川山岳会45周年】 年月日【2006年10月28日~29日】 メンバー …

雨から雪への明神山

お試し山行で明神山へ 2015年2月8日(日) メンバー 浅田、井澤、茂津目、I …

それぞれの思いの剱岳へ

早月尾根より剱岳 【2018年9月22日~24日】 メンバー上田、西村、鷲見(他 …

no image
ヒマラヤ遠征番外編、コンデリ(6011m)登頂記録

★山行名 【ヒマラヤ遠征番外編、コンデリ(6011m)登頂記録】 ★年月日 【2 …

積雪が増えてきました 雪崩には気を付けよう!

冬山本番です。雪崩には十分気を付けて雪山を楽しみたいものです。「気象予報士のお天 …