豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

雪洞泊の大日ヶ岳

   

大日ヶ岳
3月7日〜8日
メンバー 小野
ずっとやりたかった雪洞泊。
だいぶ暖かくなってきたので、そろそろ行かないと今年は諦めることになりそうなので急遽、行くことにした。
前日の6日、23時に豊川を出発し、高鷲の駐車場で仮眠し、登山口を目指す。
当初は高鷲スノーパークからゴンドラを使用して、山頂を目指そうかと思ったが、せっかくなので登山口から登ることにした。
ひるがのの他山口から尾根を追求する夏道。
P1060560.jpg
午前中は少し雲もあるものの、気持ちよく青空も見える。
P1060573.jpg
今回は雪洞が崩れたり、完成しないことも考え、テントなども持ってきたため、久しぶりに90ℓのザックが満タン。
P1060570.jpg
途中、いろいろな動物の足跡を見かけ、鹿かなとか思っていると、カモシカに遭遇。
金沢にいるときは、よく見かけていたものだが、久しぶりに見た。
P1060579.jpg
P1060582.jpg
胸突き八丁の急登を登り、一ぷく平へ。この辺はブナ林の広場になっているので、ガスがひどいと迷いそう。
P1060588.jpg
胸突き八丁辺りまでは前日くらいのトレースが残っていたが、それ以降は完全にトレースなし。
雪は締まっていて歩きやすく、アイゼンも着けずに気持ちよく歩ける。
稜線に出ると、少し眺望がよくなる。
P1060593.jpg
稜線上は所々、雪庇も発達している。
稜線途中から雪が締まっていなかったため、ツボ足では膝上までごぼってしまうので、ワカン装着。
P1060610.jpg
雪上訓練で一度は着けていたものの、まともに使うのは初めてでのぼりで滑ったりしたが、徐々に慣れていった。
P1060628.jpg
P1060615.jpg
P1060620.jpg
山頂手前。山頂やスノーパークからの稜線上にちらほらとバックカントリーのスキーヤーやボーダーの姿も。
P1060621.jpg
1130頃山頂に到着。大日様も山頂の石柱もほとんど埋まっていた。
P1060632.jpg
P1060635.jpg
image (11)
山頂はガスで視界も悪かったので、早々に引き返し、山頂から少し下ったところで雪洞の作成にかかる。
image (10)
P1060642.jpg
木の近くで雪面が少し傾斜している所で、まずは下に掘り進める。下の方では氷のように硬い層もあった。
1m程掘り下げたところから、横穴にしていくのだが、作業の手間から、最初は小さくしようとしていた入口が大きくなってしまった。
要領悪く、雪を削って掻き出していたのも、徐々に要領をつかみ、シャベルで30cm位のブロックで掘り進める。
最終的には奥行が7、80cm、横幅約2m半、高さは正座してちょうど頭がつくくらいの大きさの雪洞になった。
P1060652.jpg
P1060654.jpg
image (6)
P1060657.jpg
壁をくり抜き、蝋燭台兼テーブルも作ってみた。
image (3)
結局、雪洞の作成には、4時間ほどもかかってしまった。
場所の選定や要領を良くすれば、2時間もかからないだろうと思う。
まだまだ改善の余地がたくさんあった。
作成が終わった17時ころには雲も少し切れ間を見せ、綺麗な夕焼けが見えた。
image (4)
image (7)
image (8)
酒を飲みながら、夕食をとり、天井が下がって、生き埋めにならないように祈りながら就寝。
朝起きてみると、天井は全く下がっていなかった。
バーナーの大きすぎた入口から雪が入り込み、ザックの上に積もっている。
入口はブルーシートで覆っていたが、風で入り込んだのだろうと、外に出ようとすると入口の半分位が雪に埋もれていた。
かなり雪が降ったようで前日にかきだした雪のブロックなども綺麗に覆われて跡もなくなっていた。
荷物を出したあとは、雪洞の解体。
作るのは時間がかかったが、崩すのはあっという間だった。
P1060664.jpg
夜に降った雪は3、40cmは積もっているのでワカン装備で出発。
稜線上は風が強く、雪を巻き上げたりしており、視界もあまりよくなかったので、途中、何度かルートがあっていりのか不安になったが、その度に地図を広げ、時間をかけてしまった。
今回、山と高原地図しか持っていなかったが、雪山に入るなら地形図を持っていくべきだと痛感した。
P1060669.jpg
P1060666.jpg
風が強かったので、シュカブラが綺麗にできていた。
P1060674.jpg
P1060680.jpg
途中から天気も良くなり、無事10時くらいには下山。
久しぶりの一人山行を楽しむことができた。

 - ピークハント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
剱岳

★ 山行名 【剱岳】 ★ 年月日 【2001年8月15日~19日】 ★ メンバー …

秋の火打山・妙高山

【火打山・妙高山】2015.9.19~21(井澤) 【年月日】2015年9月19 …

はるうららの竜ヶ岳

竜ヶ岳 2014年4月12日(土) メンバー 浅田、他1名 今年に入って行こうと …

桧尾尾根より桧尾岳~千畳敷

【桧尾尾根より桧尾岳~千畳敷】08.5.12(浅田) 年月日【2008年5月3日 …

アンナプルナ内院

★山行名 【アンナプルナ内院】 ★年月日 【1999年4月24~5月6日】 ★メ …

no image
スバリ岳西面中尾根,針ノ木雪渓スキー滑降

★山行名 【スバリ岳西面中尾根,針ノ木雪渓スキー滑降】 ★年月日 【2001年6 …

春の八ヶ岳~赤岳編~

【山行の場所】赤岳 15年4月17~19日(森) 【西暦年2015年4月17日~ …

no image
折立~太郎平~黒部本流~薬師沢~太郎平~折立

★山行名 【折立~太郎平~黒部本流~薬師沢~太郎平~折立】 ★年月日 【2001 …

春の読図講習会下見

【猿投山】18.2.12(河合) 【2018年2月12日】 【メンバー】河合、宇 …

冬の西穂独標

【西穂高岳独標】17.3.18(吉中) 【2017年3月18~19日】 【メンバ …