豊川山岳会

愛知県豊川市で活動する豊川山岳会のホームページ

*

東三遭対協救助訓練(岩場編)

   

東三遭対協岩場に於ける救助訓練
2010年6月6日(日)
メンバー 梅沢、上田、田中、浅田、他16名
恒例行事の救助訓練が立岩に於いて行なわれた。
石原遭難対策委員長の指揮の下、3班に分かれて以下の内容を行なった。
東三救助訓練6,6 001
1トップが墜落した状態からの自己脱出
① ATC等の確保器をロックの状態にし両手を自由にする。
東三救助訓練6,6 002
東三救助訓練6,6 003
② メインロープにプルジックを掛けてビレーポイントに繋ぎ、加重を自分から取り除く。
東三救助訓練6,6 004
③ プルージックで仮固定してあるメインロープをビレーポイントに本固定する。
東三救助訓練6,6 005
東三救助訓練6,6 007
東三救助訓練6,6 008
2自己脱出してから負傷者の搬出
① 負傷者に繋がっているメインロープにプルージックを掛けて自己確保しながら負傷者の位置まで登る。
② セルフビレーを取る。
③ 懸垂下降をする支点を作る。
④ ダブルロープの1本を支点に固定する。
⑤ 固定したロープに下降器をセットする。(デージーを利用して自分と負傷者が下降器を上にして逆V字になるように)
⑥ 懸垂下降するロープにプルージックでバックアップを取る。
⑦ 負傷者に繋がっているメインロープを外す。(ナイフで切る)
⑧ 介助しながら懸垂下降で降りる。
3負傷者の引き上げ方法(1/3方法)
滑車の原理を使い負傷者の体重の1/3の力で引き上げる
① 2箇所の支点を作る。
② 2箇所の支点にメインロープを通す。
③ 支点の中央を引きVの字状にしそこにカラビナを掛けて負傷者側のロープへプルージックで固定する。
④ 負傷者側のロープを支点近くにプルージックで固定する。
東三救助訓練6,6 011
以上のような内容で1時頃まで行い解散となった。
講師の方ご苦労様でした。
年1回の訓練で忘れてしまった事もあり、機会がある毎に反復練習する必要を感じた。
記 浅田

 - 行事・講習会・会議・その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

市民トレッキング 竜ヶ岳

【竜ヶ岳】2015.10 18.(原田) 【年月日】2015年10月18日 【メ …

新人歓迎会

【新人歓迎会】18.6.10(浅田) 【2018.6.9~10】 【メンバー】  …

平成30年度 高校等の先生対象研修会

【立山登山研修所】18.6.30(河合) 【2018年6月30日~1日】 【メン …

第2回子供ボルダリング教室

子供ボルダリング教室 2014年10月12日(日) メンバー 山本、伊藤、梅沢、 …

東三遭対協雪上訓練

東三雪上訓練 2011年12月11日 メンバー 白井、浅田、他13名 毎年の恒例 …

子供ボルダリング教室

子供ボルダリング教室 10月13日(日)に豊川体育館前広場にて、子供ボルダリング …

第2回 読図講習会

【山行の場所】つくで手作り村周辺の山林 【2015年6月21日】(井澤) 【メン …

新年会2012年

新年会 2012年1月21日(土) メンバー 山本、彦坂、伊藤、梅沢、波多野、上 …

ブログ管理

白井です 「アルバム」機能のプラグインを追加したら 写真と被ったりして見えづらい …

岩登りの確保講習(上級)

【確保講習会】19.06.24(古賀) 【2019年6月22日~23日】 【メン …